睡眠時無呼吸症候群の相談

 

睡眠時無呼吸症候群とは

 睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、
睡眠中に無呼吸・低呼吸になる状態が断続的に繰り返される病気です。
SASは高血圧や心疾患など生活習慣病の危険因子であることや、昼間の眠気による事故(交通事故、労災事故)に関係するため、早期に発見し適切な治療を行うことが重要です。

 一般人の有病率は3~5%程度で、日本には200万人いると言われています。 しかし、なかな気づきにくい、いびきをかく程度受診するなんて恥ずかしいという理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。

 睡眠パートナーがイビキをかく、睡眠中に呼吸が止まるなどの症状にお気づきでしたら、ぜひ、睡眠時無呼吸症候群外来へお越しください。
画像を拡大する クリック↑

 症状

・大きなイビキをかく
・夜間何度も目が覚める、トイレに起きる
・起床時の頭痛、のどの渇き
・日中の強い眠気、集中力の低下、倦怠感
・逆流性食道炎




 診療時間

毎週火曜日の午後 (初診時のみ要予約)

当クリニックで診察、診断及び専門的な治療が行えます。

 お問い合わせ

さいかいクリニック 0959-34-3371 睡眠時無呼吸症候群外来担当まで
相談承っております。お気軽にご相談ください。